このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 5 | 6 | 7 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示
P1000736
P1000739
P1000736
P1000739
P1000742
P1000743
P1000265
P1000754


T様邸の改装工事が年明けから始まりました。水廻りを含む1階全面改装です。
洗面が狭く、部屋も細かく分かれていたお家。広々としたカフェ風のお家にしたいとのT様のご希望に、今回のリフォームが始まりました。上記の写真はすべて改装前の写真です。

これからどのように変わっていくのか、改装工事の様子をブログにアップしていきたいと思います。



P1000772
解体後の和室。コーナーには耐震金物や筋交いが元々入っており、しっかりした作りですが、さらに耐震の効果を高めるため、筋交いや金物を増やしていきます。
P1000778
床が全部めくられました。防蟻処理をし、新たに床を作っていきます。
P1000780
床と同じように、天井も地を組んでいきます。
投稿者:bungo
DSC_0670
<AFTER>

大正ロマンの雰囲気が大好きなK様。
クロスの貼り替えをご検討されていましたが、一緒に和室の壁も取りLDKを広くすることになりました。K様のご希望があり、昭和レトロな柄の黄色のガラスを入れ、格子にもこだわった間仕切りは完全オーダー。旅館のような雰囲気に。K様も大満足されていました。


P1000246
<BEFORE>

真っ白な壁を取る前です。間仕切り壁、たれ壁を取りました。
DSC_0678
昭和のレトロな柄のガラスを入れたい!とのご希望でやっとの思いで見つけたガラス。格子も角の面を取り、やわらかい雰囲気を演出しました。
DSC_0672
廊下側から見た光景です。一からオーダーで作成した、こだわりの間仕切りです。ガラスに和室のダウンライトの光が当たると、より一層レトロな雰囲気を感じられます。
DSC_0672
反対側の壁も同じようにガラスを入れました。和と洋、どちらの雰囲気にもよく合います。
投稿者:bungo
DSC_0670
<AFTER>

店舗名は〜fleur de brandia〜(フルール ド ブランディア)
古材を使い、アンティーク調に仕上がった店舗。木目がしっかり出て、年代を感じるような什器のカウンター、小上がりのウッドデッキ、奥には壁面に古材を貼りつけました。天井と床は施主様と一緒に塗装して仕上げています。施主様のこだわりが詰まったフラワーショップが完成しました!

花束やアレンジメントはもちろん、植物をモチーフにしたハンドメイド雑貨も販売しています。ぜひ足を運んでみてください。

ホームページはこちら
http://www.fleur-de-brandia.com/


P1000246
<BEFORE>

改装場所は住居の1階のガレージ。

DSC_0678
「花のある日常をお届けしたい!」
そんな施主様の想いがたくさんつまった花束を贈られてはいかがでしょうか。
DSC_0672
アンティークの照明がアクセント。やわらかい光を演出してくれます。
DSC_0672
古材を使って仕上げた壁。あたたかみが感じられます。
P1000390
11/23にOPENしました!
P1000392
花をモチーフにした雑貨も販売しています。
P1000393
壁面は珪藻土をラフ仕上げに。棚板はすべて古材を使用しました。
P1000396
大きなガラスのドアには真鍮の取っ手でアクセントを。お店の名前が入ったオーニングもお店の雰囲気に合うカラーをセレクト。
投稿者:bungo
P1000246
<BEFORE>

元々は、ダイニングテーブルを真ん中に置き、
広々としたナチュラルな空間でした。
DSC_0670
<AFTER>

前回作った入口の古材を使ったヴィンテージのスペース同様、
木製のパレットを使ったアメリカンヴィンテージスタイルに。
手前のベンチとカフェテーブルはパレットを重ねて作ったオリジナル!
壁のパレットは黒くペイントしました。




DSC_0678
ヴィンテージスタイルでは
汚れているくらいが
ちょうどいい!
小物も味のあるものを
選びました
DSC_0672
黒く塗った枠の上に
白い絵の具を使って
ペイント!
スタッズでアクセントを。
DSC_0672
DIYで黒と茶色の落ち着きのある空間に仕上がりました。
P1000390
塗装前のパレット
やすりをかけて
きれいにします。
P1000392
塗装しました。
落ち着きのある
色に仕上がりました。
P1000393
底面にタイヤをつけます。今回は迫力のあるかなり大きなタイヤを使用しました。
P1000396
完成です!
高さを出すためにパレットを2枚重ねました。
投稿者:bungo
P1000246
<BEFORE>

開き扉のキッチン。
カウンターを低くして、
圧迫感のない空間にしたい。
DSC_0670
<AFTER>

クリナップの【クリンレディ】 扉カラーはパティナルビー
自動洗浄をしてくれる洗エールレンジフードと吊戸棚は自動昇降タイプ。
ワンタッチで収納棚が手が届く高さに。
カウンターの高さもキッチンの天板ギリギリの高さに調整。
圧迫感が軽減され、明るいキッチンに。


DSC_0678
背面にはカップボードの
セットを。天井いっぱい
まで収納できます!
DSC_0672
一番下はステップコンテナ。
高い位置のものを取る時の
踏み台として使えます。
DSC_0672
床はフロアタイル
で仕上げました。
キッチンに合わせて、
落ち着いた高級感のある
ものを選びました。
投稿者:bungo
P1000295
<BEFORE>

真っ白な壁面。
味気のない殺風景な壁面に遊びを入れたい
というお客様のご要望。
DSC_0530
<AFTER>

正面の壁面には【エコカラット】というタイルを貼りました。
その中でも陰影をつけるため、凹凸のあるものを選びました。
両サイドには奥行きを出すために、鏡を配置。
マンションの梁を活かし、木目調の色の濃いクロスでアクセント。
ダウンライトは縁の黒いものを使用。シックな雰囲気を演出しました。


DSC_0522
DSC_0523
DSC_0516
投稿者:bungo
DSC_0386
<BEFORE>

レンガ調のクロスを貼った壁面。
床はフローリング調のクッションフロア。
DSC_0002
<AFTER>
レトロ、ヴィンテージ、アメリカン、インダストリアル、DIY感をベースにした
ユニセックスで遊び心のある自由なスタイルを提案するリフォームショップ。
目指したのは“まとまりのない、まとまり感”

窓の格子はお客様宅の改装の際に出た、処分する食器棚の扉を再利用しました。
床はクッションフロアをはがし、“汚し”を入れて風合いを出しました。


DSC_0008
物流などでよく使われる木パレットを
分解して、壁に貼り付けました。
あえてランダムに貼ることにより、
立体感を出しました。
DSC_0014
アメリカで実際に使用されていたバスの
行き先案内表示(バナーフィルム)を
再利用。その下に、同じく実際に
使われていた道路標識を。
自然のサビがヴィンテージ感を
より一層演出してくれます。
投稿者:bungo
大阪府富田林市で住宅リフォーム、増改築を行っておりますYutakaリフォームでございます。

この度、ホームページがオープンいたしました。
大阪府内でリフォーム工事をお考えの方のお役に立つサイトを目指しますので、ご興味がございましたらどうぞお気軽にご相談、お問合せください。
投稿者:master
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 5 | 6 | 7 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ
Yutakaリフォーム代表の豊後です。

大阪芸術大学を卒業後、大手リフォームショップで11年間住宅リフォームに従事してまいりました。
たくさんのお客様の笑顔に支えていただきましたが、大手ショップでは、自身が理想とするお客様との向き合い方を実現することがどうしても難しく、独立の道を選びました。

住宅は生活の質を左右します。
そんな大切な住宅を、リフォームを通じて少しでも豊かな空間にしたい。
お客様が心からリラックスできる住宅をつくりたい。
そんな原動力が私を突き動かしています。
どうぞお気軽にご相談ください。

ブログカレンダー

<   2020-03   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
Copyright | Yutakaリフォーム