このページのトップへ
10月 2016年 の記事
P1000246
<BEFORE>

開き扉のキッチン。
カウンターを低くして、
圧迫感のない空間にしたい。
DSC_0670
<AFTER>

クリナップの【クリンレディ】 扉カラーはパティナルビー
自動洗浄をしてくれる洗エールレンジフードと吊戸棚は自動昇降タイプ。
ワンタッチで収納棚が手が届く高さに。
カウンターの高さもキッチンの天板ギリギリの高さに調整。
圧迫感が軽減され、明るいキッチンに。


DSC_0678
背面にはカップボードの
セットを。天井いっぱい
まで収納できます!
DSC_0672
一番下はステップコンテナ。
高い位置のものを取る時の
踏み台として使えます。
DSC_0672
床はフロアタイル
で仕上げました。
キッチンに合わせて、
落ち着いた高級感のある
ものを選びました。
投稿者:bungo
P1000295
<BEFORE>

真っ白な壁面。
味気のない殺風景な壁面に遊びを入れたい
というお客様のご要望。
DSC_0530
<AFTER>

正面の壁面には【エコカラット】というタイルを貼りました。
その中でも陰影をつけるため、凹凸のあるものを選びました。
両サイドには奥行きを出すために、鏡を配置。
マンションの梁を活かし、木目調の色の濃いクロスでアクセント。
ダウンライトは縁の黒いものを使用。シックな雰囲気を演出しました。


DSC_0522
DSC_0523
DSC_0516
投稿者:bungo
DSC_0386
<BEFORE>

レンガ調のクロスを貼った壁面。
床はフローリング調のクッションフロア。
DSC_0002
<AFTER>
レトロ、ヴィンテージ、アメリカン、インダストリアル、DIY感をベースにした
ユニセックスで遊び心のある自由なスタイルを提案するリフォームショップ。
目指したのは“まとまりのない、まとまり感”

窓の格子はお客様宅の改装の際に出た、処分する食器棚の扉を再利用しました。
床はクッションフロアをはがし、“汚し”を入れて風合いを出しました。


DSC_0008
物流などでよく使われる木パレットを
分解して、壁に貼り付けました。
あえてランダムに貼ることにより、
立体感を出しました。
DSC_0014
アメリカで実際に使用されていたバスの
行き先案内表示(バナーフィルム)を
再利用。その下に、同じく実際に
使われていた道路標識を。
自然のサビがヴィンテージ感を
より一層演出してくれます。
投稿者:bungo
 
Copyright | Yutakaリフォーム